--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.08.05

★ゆ~ゆ~「湯河原」いけばあ。

he,hello~
今日はうずくような、じゃない、
唸るような暑さですなあ。
最低でも1週間は続くそうです。
気が変になりそうな熱風。
pahop

今日はなぜか、素敵な毒者(読者)が、いつもの倍ほど
このブログへ訪れていただいているようです。
サンクス。

やはり「旅」について本気だして書くという、
うそ臭い昨日の宣言が効いているのかなあ・・・。

では、今日は早速、評判が高いわりに
「お勧めしたくない場所」をまず紹介。

ずばり、箱根!!

ここにある宿ははっきりいって「ピンきり」すぎます。
そして良い宿は、一般人がため息をつきたくなるほど高額な
料金を請求してくる。
はっきりって、わたしはあまり泊まりたくない地域です。

文豪やら文化人やら、有名人、政治家が懇意にしている宿なるものが
多数点在し、都心からほどよい距離という絶対条件が揃っているのは
理解できるが・・・。

客足が途絶えることがないから、ここで良いとされる宿は、「高飛車」&「高額」があたりまえ。(←全てがそうではない。とうぜん、キリのランクでひしめいている無数の寂しい宿は毎日、ひーひーいって経営している。のだが、これが世の中と同じ構図で、箱根のなかにおいて、明確な「貧富の差」を生んでいる。
結果、悪気はないのだが、低いランクの宿は「安かろう悪かろう」ということが多い)

ということで、私は一切お客さんに「箱根」はすすめなかった。

地域をバッシングしているのではない。良い宿はたくさんあると思うのだが、いかんせん、庶民が気軽に行って、その払った金額分以上の満足を得ようとするには、費用対効果がよろしくないと感じるのだ。

では、それほど遠くまで運転はしたくないが、比較的、良い温泉地で
満足いく地域はどこか?

どうしても箱根の気分を味わいたいと強情をはる客以外、わたしは
こういうとき、「湯河原」を勧めていた。

ここも「ピンから兄弟」ではあるが、箱根の最上級と同等の旅館も
1万円ほど安くは宿泊できるだろう。
有名芸能人でも旅行慣れしている人間は、「箱根」ではなく、
「湯河原」へお忍びでいくそうだ。
ということで、今日は下記を紹介。
(ちなみにわたしは、アフィリエイトなどというつまらんもので
稼ごうとはしていないので、気軽にクリックしていいよ。そしていきたくなったら、勝手に宿に電話して申し込んでください。
「旅○」ってブログで良いと聞いたなどと、口ぞえすると、更に
効果があるかもしれない。

「旅○」と告げることで、このサイトの印象がよくなるとかという、クダラン狙いではなく、宿も「紹介」とか「口コミ」という言葉に非常に敏感なのだ。場所によってはかなり気にする。

且つ、旅館は場合によっては、手抜きはしていないつもりでも、自然と、同日の客にランクをつけているときがある。
(こういった場合、「紹介」という言葉は印象がよくなる。とくに忙しいとき。まあ、そんな、客にランクづけするような宿は、良い宿とは呼べんけどね)

上記の理由から、「元大手旅行会社社員のブログ」で知った、もしくは紹介をうけたといえば、サービスを悪化させることはないはずだ。
旅館側も連鎖的に悪評が広がるのが怖いのだ。特にいまは、ネットですぐに伝播するので。

そういう意味で、ひとこと、上記のようなことを告げるといいだろう。
敢えて言うなら「牽制球」なのである。
当然、「旅○」という言葉に固執する必要はない。
知り合いに旅行会社の社員がいれば、そこで聞いたといっても多少の効果はあるはずだ。

ということで、そうねえ、やや高めだけど、ここはいい。
    ↓
20050806021808.jpg

http://www.tubaki.net/page/frame2.html
※料金は高いが、「旅」というものに出掛けるのが、半年に1回ぐらいなら、多少の金額を払っても「素敵な思い出」をつくることが大切。このクラス、箱根なら間違いなく、8万円ぐらいとられる。
ちなみに、私は旅行の思い出の90%は「宿泊施設の印象」というのが持論。残り、5%が、昼食などの食事。それぐらい宿というのは重要な割合を占めるのだ。ケチってはならん。むしろ、けちるぐらいなら、行くな!

rogomoji.gif

http://www.suimeikan.com/hot-spring.html
※といっても、庶民感覚の料金希望なら、このあたりかな。
ここは食事、部屋は、「う~」という感じだが、露天風呂は有名。湯河原の特集だと、この風呂が写真で登場することが多い。

【三枡屋】http://www.mmjp.or.jp/bwj/aa8/index.htm
※ここもそこそこ良い旅館。純平屋和風旅館。館内特に遊び場なし。ゆっくりと時間をすごしたい老夫婦むけ。こぢんまりしてる。

こんなところかなあ。
まあ、自分の目で確かめて、金と時間があればいってください。
くれぐれもクレームは受け付けない。そして過去ログでも記載したが、休前日、繁忙期に旅館へ宿泊することはすすめない。
どんな良い場所にいっても、忙しいときは、暇なときより、サービスがおざなりになるからだ。
宿のひとも人間なんだから、仕方ないよね。

だから、私は有給をとって、暇なときにしか、旅館にはいかない。しかしこれを実践してから、ぐっと旅行運がよくなったのも事実。

※参考になったひとは下記をクリックだ。ヘビーに蛇に!
 ↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ

しかし、キミたちは、ホント、ラッキーだね。
私のヘビーリスナーで(←自画自賛。プラス、またみてね、という意も含まれる)
あっっ、そうそう。
右側の「プロフィール」の下に、私に対しメールを気軽に送れるという優れものを設置。個人的に訊きたいこと、愛の告白があるかた専用の、「レンタルフォーム」でえす。
うまく使ってちょ。
暇してるから。

KAMU

スポンサーサイト
<<よく眠ったので、キャンプしたいっ! | ホーム | ☆本気だす…予定←明日からだけどっ>>
コメント
こんばんは
訪問ありがとうございます!
温泉大好きです!
でも旅館はなかなかいけないです。
ここでお金が貯まれば行きたいです
応援★
【2005/08/06 00:00】 URL | ルン*ルン #-
ありがとうです!
上のお風呂に入ってる人、坂田利夫ですか~
そっくり!
うける~!!
【2005/08/06 01:28】 URL | ルン*ルン #-
ルンルンさん

坂田利夫? 残念でした。
坂上田村麻呂というひとです。
知ってイルカな?
私もみたことないですけどっ!
【2005/08/06 12:29】 URL | tabimaru #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tabimaru.blog17.fc2.com/tb.php/60-28cd2072
| ホーム |
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。