--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.09.25

久々に「旅」。だって、改名したくないんですもの。「むそうア~ン」

台風反れたね、わっはー
KAMU

前置きが、毎回毎回、
長くなりすぎてもういいかげん、
嫌になってきた自分がいるので、
今日は、のっけから「旅」について触れる。
(しかし、この長くてクダラナイ前置きが
好きだという読者が多いのも困ったもの)

「旅」の主な情報はホームページに移行したため
ブログで記載するのは、どれくらいぶりかわからない始末。

無理にブログでは「旅」について紹介しないでもよいのだが、
そろそろ「旅」について触れていかないと、
マジで、ブログの題名やジャンルを改名しなければならなくなってしまう。
候補としては、
①「お勧め!!の言い訳」
②「お勧め!!の魚料理」
③「お勧め!!のパンスト」
④「お勧め!!の近所迷惑」
⑤「お勧め!!のダメブログ」
など候補にいとまはないのだが、
やはり、「旅」がオレの原点でもある。
aho-02.gif

早速、下記を紹介。
ここには、ホント、いきたいんだわ。
spa_p_kappa.jpg

http://www.izu-biwa.jp/spa.html
今日の宿は西伊豆土肥温泉
「無雙庵 枇杷(むそうあ~ん、びわっ)」
           ↑ 
       ※色っぽく叫ぶのが特徴
ここは最近、メディアの露出がかなり高い。
築100年以上の古民家を改造した母屋に
8棟の離れ、敷地は1万坪といった
完全しっぽりゲスト対応の宿である。

露天風呂つき客室ブームの究極の形ですね。

西伊豆の土肥温泉といった首都圏から比較的
行きやすい場所にこれだけのダイナミック癒し系しっぽり宿」
登場したことで、今後はますます、この手の高級志向旅館が
関東に台頭してくることでしょう。

いまでもすでに予約がとりにくいそうなので、
早めにいきたいなあ。
気になる料金は、
平日が、
33,500円ぐらいからだったはず。
伊豆であれば交通費もそれほどかからないし、
手頃なほうなのではないか。
(当然、金持ち喧嘩せずといった層には、である)

有名になったあまり宿側が天狗となり
サービスが劣化し、客足も遠のくといった、
デフレスパイラル状態が得意なのも
日本の温泉地の特徴である。

ニホンジンは飽きっぽいから、
三年も経過すると、客足が減るはずだ。
それを待つもよしである。

オレがゼッタイに「勧められない宿」については
今後もホームページのほうで随時紹介していくので
興味のある読者は下記URLを参考にしてくれ。
http://tabimaru7.fc2web.com/sitemap4.0.html

では、うはうはでうきうきの三連休も
あと数時間で終了しますので、そう考えただけで急に震えが止まらなくなり
いきなり頭髪に

伊勢海老の触覚のようなものが

鋭く二本出現しはじめたアナタ。
完全に、「出社拒否病」「世間から隔離されたい病」ですから、
明日は会社に行く前に必ず、精神科病院へ立ち寄るように。

「会社へ行きたくないんだよおおおおおおっ」
と魂の声を大に絶叫することは
決して恥ずかしいことでは
ありませんのでっ。

明日も心臓が縮むようなおもいで、仕事に
励まないで、社長を怒鳴りつけるぐらいの勢いで
出社しな。
まあ、ほどほどにがんばれよっ!
092102.gif



スポンサーサイト
| ホーム |
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。