--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2006.01.05

ごろごろワン! 戌年侍

今日から仕事初めでしたっ。
123130.gif

年始は楽しかったなあ。
「釣り」に行ったり、
ごろごろしたり、ごろごろしてみたり、
今度は、もっとごろごろしてみて、
そして、ごろごろ・・・、って

ごろごろしかしてねえだろうがあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ
オレは、「猫侍」かっっつーーーーんだよっ!
この「戌年」がいまだに信じられない
「酉年」やろうがっ。

こんな僕ですが、今年もよろしくご指導ください、皆様っ。
ぶひっ。
123129.gif

スポンサーサイト
2005.12.31

大晦日ランキング。。。そして①

ついに大晦日へ突入。
123127.gif

今年も振り返ればいろいろとあったような
なかったような、一年でした。

さて、今年の
「旅○十大ニュース」はなんだっただでしょう?
今夜は一年の垢を落とすため、
ゆっくりと出来事を反芻し、
ランキングさせていくことにする。
123112.gif

堂々の第10位
「旅ちゃん家の両脇に腐れ外道夫婦が引っ越してくるぅ」
詳しくはこちら
う~ん、こいつらダメ夫婦にホント、半年間振り回されたねえ。
昨日もお風呂に入っていたら、左隣の「大家に内緒で、こっそり猫飼っています夫婦」の家のほうから、
うんうん、また来てね」という、
サザエさんの次回予告かと思わせる壁をつんざく強烈な爆音&なぜかカンナで神経を削られるほど不快な響き、が聞こえてきました。
電話しているならそれはそれでかまわんが、
もう少し、ボリュームを下げて話ができんのか嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああいっ!
 
この馬鹿女っ!

ヒマラヤ山中で遭難している人間を発見しているわけじゃねええんだよっ。

この馬鹿女っ(怒りのあまりもう一回繰り返してみました)
123106.gif

やばい。あまりに感情が入りすぎ、
このペースだと、第8位ほどしか今日は振り返りができなくなる。
ではちゃっちゃと紹介します。

堂々の第9位は。。。
「旅ちゃんの後輩Eが会社を退社でどっかへいっちゃったあ」
詳しくはこちら

彼とは3年間一緒にお仕事をした仲だったんだよねえ。
やっぱ彼の最後の日は
哀愁を猛烈に漂わせちゃったオレがいましたあ。

アイツ今頃、なにやってんだろうなあ? などと先週考えていたところ、タイムリーにも一昨日、会社の後輩からこんな情報が飛び込んできました。
「旅さん、先日ある忘年会で、Eが顔出してましたよ。アイツ、本州からどっかへいっちゃったはずなんですけどねえ。なんか参加してましたよ、嬉しそうにっ。会社辞めてから8キロぐらい肥ったとかで、別人みたいでしたよお。顔なんて」
つまり、こういうことだな。
オレと一緒に仕事していたときは、ストレスのあまり、下痢やねしょんべんばっかしていて、肥る余裕がなかったってことなんだろう!
なんだよ、なんだよ。
てめえら、結局は、遠まわしに嫌味ばっかなんだよっ!
もっと肥って、心筋梗塞で死んでしまえっ! おのれなんかっ!!
馬鹿、馬鹿あああああああっ。

さて、第8位は?
「旅ちゃん、ちょっとした怪我をしちゃった」の巻
詳しくはこちら
今年は実に飲み会の多い年でしたっ。
過去ログでも飲み会における失敗事項はかなり記載したが、
ブログで紹介したのは、

ほんの氷山の一角。

実は先日も、ボクサーにでも右目をえぐられるたのかとおもわれるほど「右まぶた上」をぱっくりと斬ってしまいました。

詳しくは触れないが、簡単に申し上げると、
駅の壁とオレの額が

猛烈に頭突き合戦を行った。

しかもおかげで終電を逃すっ。
つまりそういうこってすよ。
誰か、オレを早くアルコールのない村、もしくは
とんでもない外国、に連れ去ってくれえええっ。

では正直に吐露します。
実際のところ、なぜ、飲み会で数々の武勇伝を残してしまうかというと、オレ自身、本当は「鮭」は大丈夫なのだが、「酒」があまり好きではないのである。味も含めて。
しかし、ではなぜ「飲み会」に参加しているのかというと、
お誘いがそこそこあるということも理由の一端にはあるが、
あの「飲み会」特有の楽しい雰囲気が「猛烈あ太郎」ぐらい、
すきなのである。

だから大袈裟に訴えるなら、別に、鮭をほおばり酒を飲まずに
「ウーロン茶」ばかりでも
雰囲気で充分、オレは酔えるのである。

だが、周囲が「ウーロン茶」ではゆるしてくれないため、
仕方なく、奈良漬のようにアルコールに身体を乗っ取られるほど
酒びたりの毎日になるのである。
まー言い訳ですけどねっ、全て。

さてお次は、第7位。
「後輩Sよ、北海道の大地で踏ん張れよっ」
詳しくはこちら
上記も後輩が会社を去っていった話であるが、非常に
「旅○蛇読者」から「感動したっ」という
小泉純一郎ばりのコメントを多数頂いたログでもある。
別にアンタ等を感動させるために、

横綱を上手投げで破ったわけじゃあ
ないのだが、


まあ、大感動の実話なのですよっ。
今頃なにやってんだろうなあ、Sは。

このあいだ浦安のパチンコ屋で目の色を変えて
スロットをうっていた、という目撃情報が入ったが、
オレは北海道の大地で畑を耕していると信じているぞおおおおおおおおおおおおおおっ、S。

ちなみに、「玉ねぎ」君一家は、絶対にダンボール規模で
うちへ送ってこないようにねっ!
送ってきたら、死に物狂いでおまえを捜索すっからなあああああああああああっ。
このパチプロがっ!!

あ~あ、無駄話が大好きなせいで、ぜんぜんランキングがすすみませんっ。もう40分ほど書いているのになあ。
ちょっくら休憩を入れてから、今夜中になるべく
「トップ1」までランキングしてので
根気良くついてくるよろしっ。

一年が終わろうとしているにもかかわらず、性懲りもなく
本日、このブログへやってきた「ヘビー&蛇毒左衛門」の皆さんは
本当に最後までラッキー&バッキー木場でしたねっ。

まあ、あと六時間ほどで今年も終わろうとしているが
除夜の鐘108ツも叩きにいくひまがあったら、
「びっくりドンキー」でワラぞうりよりも巨大な
ハンバーグステーキを3つ平らげるか、
今年の犯した失敗や懺悔に分刻みで時間を費やし、
涙ながらに、全く交流のない隣近所へ謝罪に出向きなっ。
それが「人間」という名の尊い生き物の指名であるっ。

では、to be continue~
123103.gif

2005.08.27

恐怖! 懐かしの夏のあそび・・・

はい、本日2回目の更新(←珍しくやる気まんまんの俺)

いまケーブルテレビで、「稲川じゅんじ」の怪談ストーリーを
5時間ぶっとーしで垂れ流している。
電波の無駄遣いだな、あれは。
mmy01.gif

しかし、この時期はやはり、「怪談」、「ホラー」が
真っ盛りの季節でもある。

俺も小学生の頃、700円ぐらいの「怪談本」を購入しては、
仲間と「階段」に座りこみ、シュプレヒコール、じゃなかった
むさぼり読んでいましたっ。

でもって、夜中には必ず眠れなくなり、
マミー&パピー、今日は一緒に寝てやるよ」などと強がっては
半分、ちびりながら、彼らの布団にもぐりこんだ記憶あり、である。

だったら、はなから、読むんじゃねええよおおおおおおお!

という、絶叫アンド、金縛り突っ込みが聞こえてきそうであるが、
当時は、それが楽しかったんだもおおん。

中学になると、コックリさんをやったなあ。
「誰が一番腕のいい料理人」かなどと「コック・リー」
という中華料理人の腕前を競ったのではなく
十円玉でキツネを呼び出すという、今考えれば
命がけで無謀な遊びである。

女子と男子数人で、放課後、夕暮れの教室で
おそるおそる十円玉に指を置き、
「文字」があぶりだされ、なんらかの予言をききだすという
伝説の遊び!

最初は「田中には秘密がある」とか、
「旅○は坊主頭」とか、どうでもいい内容が語られるのだが、
必ず最期には、「おまえら全員殺す」とか「死ね」とかいう
半分脅迫めいた文字が浮き出て、
うわおおおおおおおおおおーなどと絶叫し、女子は半泣き、
男子も額に脂汗をうかべ、散り散りで家に帰宅するという結末。

次の日、おそるおそる教室に顔をだすと
案の定、机はひんまがり、椅子は倒れたままで
教師にどやされるといったオマケつきであった。

いまは確実にできんな!
あの「恐怖の大王」遊びはっ

でもねえ、俺は十代の頃かなり霊感が強かったらしく、
けっこう怖いめにあったんですよ。

金縛りなんちゅーのは日常でしたなあ。
でも、毎回、絶叫するほどの恐怖に襲われるが、声はでない。
身体も動かず。

まあ、機会があればそのあたりのいろんな話でもまた書くわ。
でも、今回はここで終了。

だって、いま俺の背後で、「コーン!」というキツネの声らしきものがリアルに響いてきたため。

俺がまだ正常の精神を保っていられた場合のみ、
今夜は更新する。

では、コーンわっはー


※次の更新が待ち遠しいひとは下記を力強くPU~SH!
 当然、合言葉は「コーン!」
↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ080902.gif

081903.gif

2005.07.19

「怪」のつづきでも、書こうか?

夏の風物詩。
「怪」
その恐ろしい体験を、ふつーに泊まっている客に、
パンに塗るバターでもだすように、
平然とした顔で、繰り出す恐怖のホテルたち。

huyuu

そんな魔物の巣窟が、この日本にはごまんと
存在する。
という話は過去ログで語りました。

そして自殺者をだした部屋のみわけかたが
あるということも・・・。

結局、その手法に関しては、まだ引っ張りつづけているが・・・。


で、わたしが、というよりも、後輩が体験した
恐怖のホテルを今日はご紹介しましょう。
ちなみに、わたしはそのとき、彼の隣の部屋で
高いびきでした。

どんなことがあったかをまずてはじめに。

第一ヒント。そのホテルは、福岡にあります。

第二ヒント。JR博多駅から徒歩3分圏内にあります。

第三ヒント。ヒントでピント。そういえば土井さん、最近みないなあ。

第四ヒント。そのホテルは三号館まで存在する。

第五ヒント。実は、そのホテルは、東京にある。っていったら、一揆がおきそうなので、撤回します。真実は、博多駅周辺。

第六ヒント。わたしと後輩が出張で一緒に泊まったのは、三号館。

第七ヒント。館内中はうすぐらい。陽光があたる場所は皆無にもかかわらず、
ホテルの名前には「太陽」という意味の言葉がちりばめられている。

第八ヒント。部屋に入った瞬間、あまりに室内が狭すぎて、自分がジグソーパズルの1ピースになった錯覚に陥った。

第九ヒント。部屋に入った瞬間、あまりに室内が狭すぎて、もし自分が小錦だったら、どこで眠るんだろう。それどころか、部屋に入ったら、即窒息死するな、と不安になった。

第十ヒント。もう、いいですか・・・。

まあ、そういうホテルに泊まったわけですよ。ふたりして。
そして、いかにも霊が漂っていそうなので、小心者の後輩に、そんな話をしたら、非常に怖がりはじめたわけです。

ですから、あまり脅かしてもかわいそうだとおもい、部屋に戻った。
だが、ちょっと気になることがあったので、後輩の部屋をノックした。
返事がない。
どうやら、シャワーでも浴びている様子。
だが、ドアノブをまわす。
すると、フツーに部屋があく。
部屋のなかに一歩、足を踏み込む。
そしてシャワー室をたたく。
シャワー室から顔をだした後輩が絶叫した!
なぜなら、彼はシャワーを浴びる前に、部屋の扉を
中からしっかりと鍵したのだから・・・。

なのに、わたしは、ふつーに、彼の部屋にはいってきていた・・・。

思い出しただけで、寒気がしてきました。

そして、彼は朝まであたりまえに眠れなかった。

ona

では、そろそろ背筋も寒くなってきたので、
福岡のおすすめホテルでも掲載します。

「キャナルシティ福岡」
  ↓




中州も近いし、ホテルそのものがでかいショッピングモール。
いまや、かなり割安になっているので、ここで決まり。
中州で遊びすぎちゃダメよ。

では今日のミソギ終了!
わたしも連日の執筆で眠い・・・。
明日は、書くのどうしようかなあ・・・。
といいつつ、書いているんだろうな。
ヘビーリスナーもいらっしゃるし。うふ。
2005.07.18

金沢の怪!2

すみません。
なんだか、つい、保存を押してしまいました。

さあ、つづき。
その金沢のビジネスホテル「○サイド」。

わたしは部屋にかばんをおくと、すぐさま、部屋を飛び出しました。
あてもなく、どこかへいきたくなった。
――この部屋にずっといたら、おかしくなりそうだ。
そう反射的に感じたためです。

わたしは夕飯を近江町市場に歩いて食べにいきました。

そして、9時頃に戻ってきて、シャワーを部屋であびようとしたんです。
すると壁の文字が目の奥に飛びこんできました。
「シャワーをあびるときは、必ず、扉をしめるように! あけたまま入ると、
湯気で部屋中の火災報知気が鳴ります」
とのことでした。
それも大きな張り紙なんです。

結局、この日はうなされたまま、金縛りにもしっかりとあい、
朝まで眠れずでした。
そして、この部屋では過去に間違いなく、自殺があった気がしました。
調度品のうらぶれ度合い、湿気の多さ、壁にかかった額のダメさ加減。

そして、或る自殺部屋を見分ける手法をしようと額に手をのばしたとき、
わたしはやめていました。

それを目にしたら、自分がショックのあまり、その日一日、仕事にならなそうだからです。
結局、朝早く目がさめすぎたので、5時くらいから7時まで近くのファミレスで
朝食をとっている自分がいました。

早くチャックアウト(←これはわざとですよおお。優秀な諸君はわかったとおもいますが)すればよいのですが、
雨も降っていたし、仕事は9時からだったので・・・。

そして、その気になる見分け方というのは・・・・。
今日もつかれたので、それは次回に。

それよりも、金沢にいったら、おすすめのホテルを今日は1件紹介。
「金沢全日空ホテル」です。
※詳しくは写真をクリック、クリック。
ドリル、クリック!!!!

     ↓




ちなみに、ここはホントにいいホテルです。
金沢駅から歩いて1分だし、調度品、なかのつくりともに
落ち着きます。
金沢市内散策には、さいこーですよおおおお。

ここまでの話題のながれからいって、説得力がありませんが、
過去にわたしはこのホテルで、素敵な1日をおくっています。
そのときは仕事ではなく、観光目的でした。

けっして、ここが「○サイド」ホテルではありませんから・・・。
歩歩歩。
へたな詮索をしないように。

では、金沢へいったら、「全日空」にとまってください。
夏休みにいってみなさい。
金沢は素敵な場所だから。外人も京都バリに多いですよ。

また、機会があったら、金沢の観光話でもしましょうか。

※あっ、そうそう。言うの、忘れましたが、このサイト、
早くも、130アクセス突破です!!
なんて、暇人が多いのかと感心します。じゃなかった、なんと
優秀な読者が多いものか・・・と。
たぶん、このままいくと、三日後には「楽天ブログ」から
表彰状とトロフィーを受け取っているのではないかと・・・。
いまから、燕尾服、買っておこうかなあ・・・samurai


ああああ、そうだ言うの忘れてました。
このボタンを押さない非国民の皆さんはこのサイトみちゃだめですよおおお!
「PUSH PUSH!」が合言葉ですから。
   ↓
そんなダメな便所虫のような、読者はいないとおもいますがっ!
人気blogランキングへ

☆どんどん、PUSHしてみよう☆ PUSH PUSH!

こんな優秀で正直なサイト?がどこまで、ブログランキングであがっていくか、
正直、皆さんも興味ありません。
馬路(マジ)で、1位をとらしてみません。
2005.07.18

金沢の怪!1

neko
今日も昨日の話題をひっぱりましょう。
というよりも、このサイトをみている優秀な諸君、
前途有望な諸君に、課題をつきつけたまま、昨日は
やる気なく、尻切れとんぼで終了してしみましたから・・・。

そう。
見分け方です。ビジネスホテルで、自殺があった部屋なのかどうなのか、
という・・・。

その前に、最近、わたしが宿泊したホテルで、確実に
怖かったホテルを紹介。

場所は金沢市内。
ホテル名は、「○サイド」。
ホテルの名誉のため、フルネームでは記載しません。
興味があったら、調べてみればいいでしょう。
       ↑
上気の○のところには、アルファベットが1文字入ります。

駅から歩いて7分ほどの、アットホームな雰囲気のビジネスホテル。
たしか、5階建てほどでした。
普段は、某ネットサイトで、宿泊ホテルはとるのですが、
そのときばかりは、寸前まで宿をおさえず、なおかつ、前日に
とろうとしたら、金沢市内のホテルがいっぱいでした。
そのため知り合い経由で、とってもらった。
しかし、なんだか、その時点で嫌な予感がしたんですよ・・・。

部屋に入ったとたん、もともと霊感が強いほうのわたしは
「いやだなあ」という感じをひしひしと感じました。
なかにはベッドがひとつ。ソファーベッドがふたつ。
つまり合計3名は宿泊できる部屋なんです。
でも1泊、5千円未満。

この時点で更なる嫌な予感・・・。

部屋のつくりも、右斜め方向に全体的に湾曲して作られている感じ。

そして気さくなフロントのおっちゃんの性格はよさそうなのですが、
なんだか身体全体から、不幸そうなオーラが全開。
建物のなかが薄暗く、なおかつ、館内中に、ひろがっている異臭。
食事前の老人ホームのなかにひろがっているような、臭いなんです。
(決して老人ホームがダメということではないので・・・)
ただ、ホテルのなかにこの臭いはないだろう! と心の中で
絶叫していました。

そして、案の定、部屋のなかで落ち着かない。
2005.07.17

ホテルの怪

今日はビジネスホテルについて、書く。
わたしは出張で、ビジネスホテルに宿泊することが多い。のだが、いやな
話をきいた。
ビジネスホテルという場所は、実は、非常に自殺者が多いのだという。

表に出てくる数字は氷山の一角にすぎないのだ。

だが、どの部屋で自殺があったかをみわける手段があるというので、
ぜひ、このページを読んでくれている、紳士淑女の皆さんに
教えたいとおもう。
だが、次回にしよう。

なぜなら、この文章を書くのも二度目だからだ。
一回目は、一番やってはいけない、「登録」ボタンを押さないで、
ほかの作業に動いたため、
先ほど書いたものは消えちゃいましたっ!
男1男2

もう、精神的に疲れた。↑こんな気分。

なおかつ、ここに「おすすめのビジネスホテル」という題目で、
いくつかのホテル写真を掲載しようとおもったが、
この話の流れからいって、確実にクレームがきそうなので、これもやめる。

あ~、早くツキよ、戻ってこい!
| ホーム |
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。