--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.11.08

「畳」って、たたみかけるといいらしいですよ。

こんばんわ。
092104.gif

昨日は仲間と深夜まで飲みまくった。

同業他社なんだけど、同じ仕事をしているひとで、
彼は結婚後、おもいきり遊びたいらしく
付き合ってやったわけです。
彼の趣味は、生まれたばかりの赤ん坊から、おもいきり
掛け布団を奪うこと。

挙句、うちに泊めて、布団も用意して眠る準備万端にしてあげたら、
涙を流して、こんな素敵な扱いを受けたことがないとつぶやいていました。

なあ、最近の世の中ってそんなもんになっちゃったんかい?

オレも絶好調に疲れていて、いまにも風呂の中でおぼれそうなため、そっこーで眠るところ。

さて、畳のうえでさびしく寝ようっと。
092102.gif

スポンサーサイト
2005.08.18

☆いよいよ「旅○」聖戦へ(1)  ご先祖様、ボクがんばっています

はい、こんばんわぁん(←おい、このフツーの挨拶、マジで忘れてかけていたぞ)

今日二回目の更新。
珍しく、約束守ったでしょ。
いま、モー娘聞きながら、ノリノリで書いてます、って
オレはいくつになったんじゃああああい。

しかも、ケーブルテレビでは海外サッカーが点いているし、
冷蔵庫は開けっ放しだし、中華鍋は轟々とした炎に
巻かれているしで、今夜中に焼け焦げるな、オレ。

でも、学生の頃は、車の運転しながら、窓開けて、財布から金をだして、タバコに火をつけて、ハンバーガー食ってたもんなあ。
やることをひとつに絞れんのか!当時のオレ。
いまは、当然そんなラフプレーで一発退場のようなことは
一切しなくなりました。運転中は。

さて、今日の「ご先祖様追撃、大作戦」について少し触れます。
注1)興味のないひとは、「ばかやろー!」とPCに大絶叫を入れてから
睡眠学習に入ってください!
注2)今回は画像、放送禁止用語、腕立て伏せは一切なし。なぜなら話に集中したいので。
  ↑
しかし、「闘え!ラーメンマン」で、これを実行にうつせる勇気ある「ラーメン大好き小池さん」というヘビー読者はほぼいないと断言する。

【前情報として、以下を記載】
・おじいちゃんは小学生のとき亡くなっている
・ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんのことは、名前すらしらない
・おじいちゃん、おばあちゃんも現在他界中(この言い方だと、また舞い戻ってきそうな感じだなあ。それはそれで嬉しいが!)
・先祖を追うための手段は皆目検討がつかない(マジで探偵に依頼しようかと考えていた)
・現在、おじいちゃん、おばあちゃんが住んでいた家は空き家(オレはなんと現在、その空き家と同じ町内にすんでいるにもかかわらず、別の賃貸マンションで悠々自適で暮らしている。理由は「きったない場所が嫌いだから」)
    ↑
☆さて、この前情報をただれた脳みそにしっかりと注入しながら、俺とともに出発だ☆

まずは、オレが住んでいて本籍地のある、市役所へGO(いきなりしょっぱなから大敵の予感)
ぴろぴろり~ん♪(←RPGふうに画面がかわる感じにしてみたが、うざいので、これも今後一切使用しない!)
     ↓
電車に乗り市役所に到着。平日のまどろむ午後ということで、市役所内は、馬にまたがり、紅茶を飲む貴婦人以外はひと気がない
     ↓
まずは役人捕獲作戦
     ↓
もっとも暇そうで、いまにも将棋をうちだしそうな役人をオレのスーパーアイ(ただの眼球のこと)で、セレクトし、とっつかまえることに成功。
     ↓
いまから、オレは大事な戦いを挑もうとしていることを熱弁
     ↓
ひまそうな役人は「あっ、そ。勝手にやればあ」といいながら奥に消える
     ↓
それでもひるまないオレは、窓口の女性に質問。
彼女はいちいち懇切丁寧に教えてくれる
     ↓
必要だといわれた書類に震える指で必要事項記載
     ↓
番号札をうけとり、いまにも祈りをささげそうな感じで待合席で待つ
     ↓
隣に座る若夫婦(おそらく、離婚届を提出しにきた)の女のほうが、いまにもむしゃぶりつきそうな視線で、ずっとオレの全身をなめるように凝視
     ↓
ま、たしかに、今日は肌を露出しすぎた格好だよなあ、と反省(しかし着ているのは、フツーの黒いTシャツとジーンズのはずなんだが・・・)
     ↓
すると、今度は左で麦藁帽子を深くかぶった色の白い女が、オレを目で犯しそうな勢いで、ずっと眺めている
     ↓
なんじゃ、こいつらは? 「獣の集う動物園かい! ここは!」
といきなり悪態をつきそうになったが、寸前でなんとか我慢
     ↓
番号を呼ばれ、おばさん事務員の列へGO
     ↓
むちゃくちゃやさしそうな視線でオレの話を聞いてくれる(まるで無職のうえ家族にも見放されたダメサラリーマンを見守るまなざし)
     ↓
親切に、とるべき戸籍などを教えてくれている。このおばちゃんが担当で心底よかったと心から満足。理由は、若い女が担当だと、つっけんどんにされて、空き缶のなかにもぐりこむアメーバーくらいへこみそうだから
     ↓  
真剣におばちゃんとマンツーマンでおじいちゃんの戸籍をとる手段をレクチャー。ECCにでも来訪したのかと錯覚に陥る。
     ↓
一瞬、マジでおばちゃんに惚れそうになる。提出した書類の隅に「一目ぼれしましたっ」とボールペンで書きそうになる。が、ぐっと我慢。大人のオレ
     ↓
すると、右手のほうから、痛い視線を感じる。ふりむくと、若い女職員が、いまにもスカートを脱ぎそうな勢いでオレを見つめている(マジ)
それだけならまだしも、オレの近くを意味もなくいったりきたりしはじめる(動物園のキリンのような感じ)
     ↓
おまえは、目の前の作業衣姿で真剣に戸籍をとろうとしている中年男性の相談に真剣にのらんかいあああああああいっ!と絶叫しかける。が、ここでもぐっと我慢。
しかし、同時に不安がよぎる。オレの右頬に、でっかい千昌夫のホクロばりの鼻くそでも付着しているのだろうか?
     ↓
さりげなく髪をかきあげるふりをして、右頬を手で触る。
OK、なにもついてないじゃん、とホッと安堵
     ↓
って、こんなことを事細かにかいていたら、いつまでたっても一箇所目の市役所からでられんぞ!オレ
     ↓
   (中 略)
     ↓
おばちゃん職員の話によると、「確かにオレと同じ本籍におじいちゃんの名前は入っている。しかし、T都のE区から過去に転籍してきているので、次はそこにいかないとおじいちゃんすらもさぐれない」とのこと
     ↓
オレはおばちゃん職員に、感動のあまり、流暢な英語で礼をのべる。内容は、当然、サンキュー。 
     ↓
受け取り窓口で、番号が呼ばれるのを、ひたすら貧乏ゆすりをしながら待つ
     ↓
テレビで高校野球の生中継がやっている。黙ってみていると、そのとき周囲の椅子に、不意いに女の群れがどやどやと集結
     ↓
いよいよ、不安になる俺。
またしても若い女ばかり。
ひょっとして裸の王様と一緒で、服を着ていると思っているのは俺だけなんじゃないかと、己の全身を確認
     ↓
OK。やっぱり服は着ている。
だとしたら、なんなんじゃああああああああああああああい!
こいつらはっ
    ↓
ただ、オレが自意識過剰なんだろうと何度も、念仏のように心に言い聞かせる。安心する俺
     ↓
高校野球では、大阪桐蔭が勝利! まあ、どうでもいいが
     ↓
そこでようやく番号が呼ばれる。担当はこれも世の中に興味を一切失ってしまったような、おいぼれた定年直後のじいさん(たぶん、主任にもなれなくて、こんな場所においやられちゃったんだろうなあなどと、哀れみの目で見下ろす)
     ↓
見事、「旅○おじいちゃん」の戸籍をGET。1面クリア
ぴろりろり~ん♪、って、これは使わん約束だろうがっ!
    
しかしねえ、その後、ゆっくりと、おじいちゃんの名前が刻まれた戸籍をみていたら、マジで胸が熱くなってきて、涙がこぼれおちそうになった。
よくは知らないひとだけど、なんか、その1枚の紙に、おじいちゃんの一生懸命生きたであろう人生が詰まっているような気がして・・・。

なんか、また思い出して感動やさんになりそうなので、
今回はここで一旦、休憩。

一昼夜とおして、俺に付き合うつもりのビッグな心意気をもち、
ガキデカよりも、大きな警官帽をかぶっている読者は下記をクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ080902.gif

紅茶でも飲んで、次の更新を待っていてくれ!

では、NEXTわっは
| ホーム |
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
blog内検索
管理・RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。